日記+趣味+アフィリエイト(+仕事)
 

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■まだまだあります!業界新聞のトップニュース!
○○するコピー機!○○付きコンビニ!超〇〇なサツマイモ!…

ゲスト:森永卓郎さん、柳原可奈子さん

業界新聞の記者が選ぶ、2013年上半期儲かるトップニュース。
先週に続いて、今週は後半戦をお送りします。

◆東京都新橋 「日本食糧新聞」
川崎 博之編集長

発行部数9万4500部と食品系専門誌としてはトップの売り上げを誇る新聞。
その専門誌の編集長が選ぶ2013年上半期ホットニュースは、
「北海道発!オレンジ色のコンビニ『セイコーマート』が、他には真似できないホットシェフで破竹の快進撃!」
道内だけで1050店舗を誇り、北海道で店舗数No1のコンビニ「セイコーマート」。そんなセイコーマートが始めた儲かりサービスは、コンビニの中に本格的な厨房「ホットシェフ」を作り、できたてのお弁当やお惣菜を提供するというもの。カツ丼やトンカツ、からあげなどは店内のフライヤーで揚げるなど、およそ20種類あるメニュー全てを店の奥にあるキッチンで製造している。商品は1日1000食以上の売り上げを誇り、がっちり儲かっている。
そもそもこの「ホットシェフ」サービスを始めたきっかけは、北海道は広く、郊外に行くとセイコーマートしかなく、温かいものを食べる場所が近所にないといった地域も多数存在している。そこで1994年に1店舗でこのサービスを試験的にスタートしたが、あまりの人気でいまや北海道内の全1050店舗中770店舗でホットシェフを導入済み。セイコーマートの北海道での人気を磐石のものとしている。

◆山梨県甲府市「日本種苗新聞」
五味 正弘顧問

これまでも「植物に効くハリ」「苦くないピーマン新発売」など種苗界の大ニュースを紹介してもらった五味顧問が選ぶ2013年上半期ホットニュースは、
「イモ界に新風!新品種のサツマイモの苗 売り上げ好調!」

群馬県伊勢崎市にあるカネコ種苗。ここの金子昌彦社長に紹介してもらったサツマイモは新品種で「シルクスイート」という、とにかく甘いのが特徴。
糖度計で調べてみると、普通のサツマイモは6.9%、一方のシルクスイートは8.8%。その差は1.9%で少しの差に感じるが、口に入れたときの甘さが雲泥の差。糖度が9%というのはフルーツのレベルなので、それに迫る勢いである。
昨年の誕生以来、イモ業界を震撼させるほどの甘さで、今年2013年の4月に苗を発売するやいなや研究所ができてから25年以来の大ヒット商品に。3月の注文予約の段階で販売予定の3倍の予約があり、通常20万本も売り上げれば合格点の苗の売り上げが、シルクスイートは40万本にも達した。
これまで15年のキャリアがある開発研究員の榎本真さんによると、まあまあ甘い「春こがね」という品種と、そこそこなめらかな食感の「紅まさり」という品種を掛け合わせてみたところ、とびきり甘く抜群の滑らかさをもったシルクスイートが誕生した。
今年の春に売れた苗が、食卓に並ぶのは収穫が終わった9月末~10月ごろの予定。このころにさらに会社が「がっちり」になることが期待される。

◆大阪府大阪市
「日本事務機新聞」
酒井 伸雄記者

プリンターやファックス、スキャナーにコピー機などの事務機の動向を追っかける新聞。酒井記者が選ぶ2013年上半期ホットニュースは、
「世界初!瞬時に文字が消えるコピー機誕生!」
コピー機誕生の40年以来の画期的な商品。東京都品川区の東芝テックで開発された瞬時に文字が消えるコピー機「Loops」。まずコピーを行うときは青色のインクで印刷を行い、もう1つの専用マシンに投入すると、瞬時に文字が消えて真っ白になって出てくる。ボールペンなどで落書きを行うと、その落書きの部分は残り、青色のインクで印刷された部分のみが消えて出てくる。
ただし黒色インクでの印刷には対応していないため、今後の改良が期待される。
仕組みは摩擦熱で文字が消えるボールペン、フリクションボールと同じ仕組み。フリクションボールを生み出したパイロットインキさんとの共同開発で、通常のコピー機より低温でインクを定着させ、文字を消すときには高温でインクを透明にする技術を使っている。文字を消した紙は最大5回繰り返しコピーが可能なため用紙代を減らすことができ、エコにこだわる企業からの評判を得ている。

価格は1台150万円とお高めだが、5ヶ月で数百台の売り上げと上々の滑り出しである。

◆東京都千代田区
「農機新聞」
岸田 義典社長

昨年は木の根元の雑草を楽々刈り取る最新草刈り機「男前刈清」発売を紹介した岸田社長が選ぶ2013年上半期トップニュースは、
「クボタ ついに農業用アシストスーツ発売!」
ガンダムと同じように、人間に付けると人間の機能が拡大するアシストスーツ。
開発元のクボタ 関連商品営業部の宮田一彦さんが紹介するのは、ガンダムのパーツっぽい農作業アシストスーツ「ARM-1」。およそ1分で装着完了でき、このスーツを腕につけることでひじを支えて腕にかかる負担を軽減できる。
農家の人たちにとって1日中腕を上げっぱなしの作業はかなりの重労働。そんな人たちにとってこのスーツはまさに救世主で、これまでは1時間が精一杯だった連続の作業がこれによって2時間以上は可能になった。値段は12万6000円の予定とちょっと高めだが、梨や桃などさまざまな栽培の場での活躍が期待できる。

◆森永さんによるオススメの記事
最大で6倍のサイズのあるインスタントラーメン。海外でそういった需要・要望があるらしい。

==================================================
◇感想
実はfacebookに『がっちりマンデー!!』の公式ページがあります。
番組を更に掘り下げた内容や裏情報が載っています。(^^
https://www.facebook.com/gacchiri?hc_location=stream

さて、私の知り合いでそのfacebookを活用してがっちり稼いでいる
野渡さんという方が本を出版されるようです。
↓のキャンペーンサイトではその一部が事前に読めるようなので、気になる方は見てみてください。
http://123direct.info/tracking/af/921519/bHDMkQvy/

いづれがっちりマンデーが野渡さんに取材に行くんじゃないかと、
個人的に勝手に注目しています。(^^


 (非公式)がっちりマンデーまとめ配信 メルマガ登録
毎週日曜日、朝7:00頃に前回の内容をお送りします★
メールアドレス: 


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atcentral.blog75.fc2.com/tb.php/275-dabdab5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。