日記+趣味+アフィリエイト(+仕事)
 

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


病名:左自然気胸 その2

2009/10/07(水) 21:00:00
病院に着いてから、レントゲン写真を撮ったり、
採血したり胸のエコーを調べられたりしました。

先生「内臓の方ではなく、骨に異常があるのかなぁ。」
自分「肺に穴が空いてる、とかじゃないですか?」

先生、レントンゲン写真を見て、
「あ、本当だ、穴開いてるよ。すごいな、自分で診断できるんだ。」
「どおりでエコーが取れなかったわけだ。」

自分「気胸じゃないか、と母に電話で聞いてたもので。」
先生「親はすごいなぁ~。」

自分「看護学校の教師をやってるもので、、、。」

で、呼吸器外科(だったかな?)の先生に変わって診てもらい、
左脇から肺に管を通すことになりました。
手術の説明をしてくれたのですが、
先生は風邪をひいてるのか鼻がぐじゅぐしゅしてるので、
風邪をうつされないかが心配でした。

麻酔はしていたのであまり痛くはなかったですが、
なんだかモゾモゾと胸の中に入ってくるのが分かりました。
(僕はMじゃないので、ちっとも嬉しくないですが。)
別に、この管を入れたから治るわけではなく、
肺から空気が漏れていないかを調べるためのものらしいです。

その後、ベッドごと病室に移動して、点滴を受けながら入院に関する説明を受けてから、
午前4時か5時ころ寝ることになりました。
胸の痛みで息をするのも苦しかったのですが、
痛み止めの注射(麻酔かな)を打たれたので、少しは眠れたように思います。



翌朝、「入院診療計画書」というものを渡され、
症状や治療に関する説明を受けました。
病名欄には、「左自然気胸」と書いてありました。

今回こうなった原因はよく分かりませんが、
若い人、長身・細身の人、タバコを吸う人がなりやすい病気だそうです。


コメント
この記事へのコメント
親御さん看護学校の先生なんですかー。
こういう言い方が良いかどうか分かりませんが、ラッキーでしたね。聞いていなかったら、病院で無駄に痛いだけの時間を過ごしていたかも知れないわけで……

何はともあれ、お早い復活をお祈りします(-人-)
2009/10/07(水) 22:53 | URL | 高速増殖安崎 #-[ 編集]
早く治るといいですね・・。

俺の友達はバスケのスポーツマンでしたが、
確かに細かったなv-12

それより先生大丈夫かv-74
2009/10/07(水) 23:18 | URL | けん #-[ 編集]
大変ですね(・・;)
肺気胸とは・・・ ゆっくり養生して 1日も早い完治 お祈りします!
2009/10/08(木) 08:49 | URL | 孫悟空 #-[ 編集]
>高速増殖安崎さん

そうなんですよ、いざという時に頼りになるし、親には感謝しています。


>けんさん
スポーツマンのお友達は、すぐに治りましたか?
僕はなかなか治りません・・・。

看護師さんも先生もみんな優しい、良い病院ですよ~。


>孫悟空さん
早い人だと一日で治るる人も
いるみたいですけどね。僕はまた手術することになりました。
2009/10/08(木) 11:02 | URL | at@病人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atcentral.blog75.fc2.com/tb.php/222-176bf0c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。